「テジョヨン」がチャンネル銀河で再放送開始

韓国歴史ドラマ大作『テジョヨン(大祚榮)』がチャンネル銀河で再放送されます。放送は2015年6月15日(月)の深夜2時から毎日、2話連続でオンエア予定。ストーリーは全134話構成。(photo by: KBS)...

テジョヨン(大祚榮)の見どころ

『テジョヨン(大祚榮)』は、高句麗滅亡後、朱蒙の意志を継いで『渤海』を建国した英雄の一代記。韓国歴史ドラマ『海神(ヘシン)』で、英雄チャン・ボゴを演じた韓流時代劇スター「チェ・スジョン」主演の大スペクタクル歴史ドラマです。

テジョヨン 第134話(最終回)

第134話のストーリーコムが自らを突厥の援軍にと名乗り出ました。唐と突厥の戦が長引いてこそ、渤海が国力を蓄え、領土を回復する機会が増えると分かった上での申出でした。コムの遠征計画が実行に移され、部隊が北へ東へと送られます。テ・ジョヨンは、部下に全ての戦勝品を分け与えたのみではなく、戦勝地域の王の地...

テジョヨン 第133話

第133話のストーリー突厥の可汗、ムクチョルは、唐のイムンと渤海のコムが、目の前で意見を闘わせるよう求めました。イムンが、「新興国の渤海が対等に同盟を求めるのは、突厥を侮辱しているのではないか」と口火を切りますが、コムは、「天門嶺での大勝を引いて、国力の弱まった唐こそ突厥の属国になるべきだ」と返し...

テジョヨン 第132話

第132話のストーリーテ・ジョヨンとイ・ヘゴの一騎打ちは、いつ果てるともなく戦いが続き、最後にテ・ジョヨンが勝利をおさめました。イ・ヘゴは、テ・ジョヨンに、「唐よりも高句麗よりも雄大な帝国を建てろ」と言って息絶えました。イ・ヘゴの亡骸に歩み寄ったチョリンは、一息で毒をあおってイ・ヘゴの後を追います...

スポンサーリンク


テジョヨン(大祚榮)』...このドラマは、2006年9月から韓国KBSが放映した歴史ドラマで、朱蒙(チュモン)、淵蓋蘇文(ヨン・ゲソムン)と並ぶ高句麗の三大英雄、テ・ジョヨンの激烈な半生を描いた英雄記で、2007年下半期、韓国の時代劇視聴率No.1を叩き出した作品。(全134話、平均視聴率: 24.9%)

スポンサーリンク