キム・マンドク(金万徳)の見どころ

キム・マンドク(金万徳)の見どころ 「キムマンドク~美しき伝説の商人」(原題:「巨商 金萬徳」、は、2010年、韓国KBSで放送されたテレビドラマ。(全30話) 『キム・マンドク~美しき伝説の商人』。愛と運命に翻弄されても、強く生き、世の為に尽くした女の一代記。韓国歴史ドラマ『明成皇后』でヒロインを演じた名女優「イ・ミヨン」主演の感動歴史ドラマです。 この作品は、2010年3月から韓国KBSが放映...

キム・マンドク 第30話

第30話のあらすじ高利貸しと化したムンソンの借金の取り立てに怒りが弾け、ついには暴徒となった民が西門に押し寄せてきます。その知らせをいち早く聞いたマンドクは暴徒たちをなだめるために、貸主であるムンソンに東門問屋に来るように誘うが、これだけの騒ぎを引き起こしておきながらも、ムンソンは息子のサンだけを東門に預けて一人済州を離れ、その後、彼を見たものはいなかったと聞きます。 ...

キム・マンドク 第29話

第29話のあらすじオ番頭の刀に刺されてしまったホンスは、父の腕の中で息絶えることができました。キム・ウンリョルは、亡きホンスのために悲しみに暮れるマンドクに「ホンスのためにも夢をかなえることが大事だ」と励まします。息子を失うことで初めて己の罪に気づいた刑判は、すべてを王に告白して裁きをうけることを願い出ます。 ...

キム・マンドク 第28話

第28話のあらすじ済州だけでなく本土にも出店を出すことができて、倭国との交易を一手に引き受け中心となって行う東門はまさに順風満帆の勢いがありました。その頃、王命により追い詰められたチョン刑判は不正事実の記載されてある帳簿を全て渡さなければお前を殺すと脅されたムンソンは、全ての帳簿を持つカン・ユジを探しに出かけます。 ...

キム・マンドク 第27話

第27話のあらすじチョン・ホンスは西門の密輸現場を現行犯で取り押さえるが、首謀者であるムンソンはミョヒャンの単独犯だと主張し、密輸の元である倭国の商人をも買収することで証拠を全て隠滅してしまいます。ムンソンはすべての罪をミョヒャンにかぶせて死人に口無しと言わんばかりに毒殺を謀ります。 ...

キム・マンドク 第26話

第26話のあらすじムンソンが一人になるところを待ち伏せし、カン・ユジは父の仇を討とうと心に決めていました。ムンソンはカン・ユジがただ一人、尊敬できる父親を殺していたのです。しかし、そこへ偶然駆けつけたチョン・ホンスと戦うはめになってしまい、父の仇を打つこともできず、カン・ユジはチョン・ホンスに切り付けられ重傷を負って逃亡しました。 ...

キム・マンドク 第25話

第25話のあらすじチョン・ホンスの頑張りにより西門と役所の癒着が断たれたことで、西門の独占市場であった市場にも徐々に変化が起こってきました。東門は清の装飾品が人気なことに目をつけ、質の良い済州の真珠販売に着手するも、真珠が人気であることを知ったムンソンが、質の悪い倭国の真珠を密輸して済州産と偽り、東門の半値で売りさばくようになりました。 ...

キム・マンドク 第24話

第24話のあらすじ行商団と連携することができ、、マンドクは済州の海産物を朝鮮全土で販売することができるようになりました。そんな時、主要な買い付け場所である済州が豊漁のために魚の価格が暴落しているとの情報がもたらされ、こんなこともあろうかとマンドクは早速、干物や塩辛などの日持ちのする商品を作ることで損失を未然に防ごうとします。 ...

キム・マンドク 第23話

第23話のあらすじムンソンが市場を牛耳ってしまったせいで、都では闇商人の取り締まりが厳しくなり、済州の海産物を都で売ろうと画策していたマンドクは大量の海産物を抱え込んでしまうという事態になってしまいました。この状況を打開するためにマンドクは、カン・ユジの紹介で国全土の行商団を牛耳るという親方と会い、都以外の販路開拓を依頼します。 ...

キム・マンドク 第22話

第22話のあらすじ東門問屋を離散へと追いやった高利貸しであるム・メンダルへの返済期限が迫る中、行商団に捕らわれてしまったトンアは、行商団の頭領になっていたカン・ユジに救われ、無事に通行手形を取り戻します。マンドクは国葬に向けて作成していた白笠で儲けた資金で東門問屋を買い戻すことに成功し、行商団と連携して販売網の強化を目指します。...

スポンサーリンク


キム・マンドクは18世紀末から19世紀初めにかけて李氏朝鮮時代に実在した女性豪商で、ドラマでは、半島南部の済州島(チェジュド)を本拠地とし商売の「道」について師匠から教えを受け、数々の困難を乗り越えながら済州島の名産品を国中に流通させて、巨万の富を築き、やがて押しも押されぬ豪商へと成長していく姿を描いています。

スポンサーリンク