キム・マンドク(金万徳) 第07話

更新日: 2016年9月30日 23:18

第7話のあらすじ

ホン(後のキム・マンドク)水揚げ式の日がやってきます。

しかし、儀式の直前になってある人物が声を上げながらホンカン・ユジがいる場所へ乗り込んできます。

その人物こそ懐かしいキム師匠だったのです!

スポンサーリンク


懐かしい人たちとの再会

師匠は、ホン水揚げ式を辞めさせようとしていたのです。

こうしてホンキム師匠は感動の再会を果たすことができました。

キム師匠ホンが妓生になっていたことに驚きを隠せず、ホンが平民の娘であることを証明して妓生をやめさせようと画策するのでした。

再会はまだ続きます。

チョン・ホンスとの再会

ホンキム師匠が再会を果たしていた頃、アワビの不正事件の捜査の為に済州島に来ていたホンスは西門問屋を調査のために訪れます。

そこで西門問屋の大行首となったカン・ユジと会ったホンスは懐かしそうに話をします。

なんと、ホンスカン・ユジは昔からの友人で久方ぶりに再会を果たしたのでした。

ホンスがユジに島中の妓生を集められるかと聞くと、ユジはホンス歓迎の宴を開きます。

宴の席で、カン・ユジホンホンスを紹介しますが、彼女は妓生になった自分を恥じてしまいホンスのことを避けてしまいます。

一方、ホンスはアワビの横流しの件を調べた妓生を探し出そうとしていましたが、名乗り出て役所へ出頭するよう命令します。

しかし、結局ホンは自分から名乗り出ることができませんでした。

カン・ユジの正体

ホン水揚げ式の邪魔をしたキム師匠カン・ユジが、漢陽の専売商人カン・ゲマンの息子だと気が付きます。

それを聞いたホンは驚愕してしまうのでした。

ホンの母親の隠された秘密

キム師匠ホンが妓生になっていた事にひどく驚き、妓生を辞めさせようと決心します。

ホンが平民の娘であることを証明するために、東門問屋大行首コ・ソクチュの紹介でホンの母親を知っているという海女頭を訪ねた師匠は、ホン親子に隠された重大な秘密を知ってしまいます...。

海女頭は伝染病を患い、誰も近寄れない救疾幕(クジルマク)と言う場所に隔離されていました

※ 救疾幕(クジルマク)は、ハンセン病患者を隔離する場所のこと。

彼女の話では、ホンの母で海女のウノンは役所に刃向かった為に罰を受け命を落としましたが、その背後には妓房の行首ミョヒャンと役人チェ・ナムグが絡んでいたと言うのです。

一方、ミョヒャンホンの母がウノンだと知り、その事をナムグに知らせ、ホンスを救疾幕に近づけないよう相談していました。

その話を盗み聞きしたホンは、匿名の手紙でホンスに救疾幕の事を教えます。

ところが、トンアが機転を働かせて手紙にホンの巾着を忍び込ませたので、ホンスホンが済州島にいる事に気が付くのでした。

一方、漢陽では、専売商人カン・ゲマンと刑曹判書チョン・ドウンホンスの父親)の対立が激しくなっていました。

また、ゲマンの正妻に収まり身籠ったマクスンは、ゲマンの息子ユジの存在が邪魔になっていたのです。

- スポンサードリンク -

キム・マンドク(金萬徳)公式サイトなど関連情報

韓国ドラマ、『キム・マンドク(金萬徳)』
『キム・マンドク~美しき伝説の商人』。愛と運命に翻弄されても、強く生き、世の為に尽くした女の一代記。韓国歴史ドラマ『明成皇后』でヒロインを演じた名女優「イ・ミヨン」主演の感動歴史ドラマです。

公式サイト

キムマンドク?美しき伝説の商人

韓ドラ☆ キム・マンドク 美しき伝説の商人|BSジャパン

キム・マンドク(金萬徳)全話のあらすじ一覧

おすすめ韓国ドラマ一覧

 

RSS Feed Widget