キム・マンドク(金万徳) 第08話

更新日: 2016年9月30日 23:19

第8話のあらすじ

救疾幕(クジルマク)の海女頭を訪ねたキム師匠は、彼女からホン(後のキム・マンドク)の母ウノンの死の真相を聞きました。

そこに隠されていたのは、残酷な悲劇だったのです。

かつて、妓房の行首ミョヒャンが子供だった頃、親を亡くした彼女と弟はウノンの家に世話になっていました。

スポンサーリンク


ホンの母・ウノンの死の真相

ウノンはチェ・ナムグのアワビ横流しの不正を、漢陽から済州島に流刑されていた平市署令キム・ウンリョルに報告しようとしていました。

しかし、ミョヒャンが、ウノンの事をチェ・ナムグに密告・・・自分の身が危ないと恐れたナムグによってウノンは口封じをされてしまったのでした!

そんな頃、ホンキム師匠を探しにやって来て、続けてホンスも姿を現し、二人はついに再会を果たします。

そして、ホンスホンは改めて海女頭から事件の真相を聞くのでした。

捕えられたホンを救った意外な人物

キム師匠は事実を言わない代わりに、ホンを妓生から解き放つようにミョヒャンに命令しました。

追い詰められたミョヒャンとチェ係官は海女頭を殺害し、その上ホンまでも投獄してしまいます。

全てを投げ出してでもホンを助け出したい西門問屋の大行首カン・ユジは、自分が捕らえられてしまうことも省みずに、ホンスに不正の証拠が書かれた帳簿を手渡します。

こうしてカン・ユジとチェ・ナムグが捕えられ、代わりにホンが釈放される事に。

カン・ゲマンの急死

ホンスは上役のキム・ウンリョル令に、アワビの横流しの証拠を掴んだので、カン・ゲマン大房(カン・ユジの父)を逮捕するよう手紙で報告します。

そこで一件落着かと思われたそのとき、都のカン大房の急死の訃報が皆の元に届きます...。

アワビ横流しの不正への関与が明るみに出る事を恐れた刑曹判書のチョン・ドウン(ホンスの父)が、マクスンに命じてカン大房を始末するよう依頼したのでした。

一方、済州島では、ミョヒャンの罠におびき出されたキム師匠ホンが釈放されたチェ・ナムグに捕えられててしまう事に!

第8話の感想

ミョヒャンはとんでもない悪女だったのですネ!

友達だったホンの母・ウノンを密告して命を奪わせてしまったのですから・・・

さらに、海女頭に続いてホンキム師匠も毒牙にかけようとしています。

しかし、カン・ユジの犠牲的行動は見事でした。ホンの事を心から大事にしているようです・・・

これ以外にも悪事が次々と起こります。

都ではチョン刑判と結託した悪女マクスンが夫のカン大房を亡き者に!

粛清に次ぐ粛清が続き凄まじいエピソードでした。

さて、

捕えられたホンと師匠は一体どうなてしまうのでしょうか?

- スポンサードリンク -

キム・マンドク(金萬徳)公式サイトなど関連情報

韓国ドラマ、『キム・マンドク(金萬徳)』
『キム・マンドク~美しき伝説の商人』。愛と運命に翻弄されても、強く生き、世の為に尽くした女の一代記。韓国歴史ドラマ『明成皇后』でヒロインを演じた名女優「イ・ミヨン」主演の感動歴史ドラマです。

公式サイト

キムマンドク?美しき伝説の商人

韓ドラ☆ キム・マンドク 美しき伝説の商人|BSジャパン

キム・マンドク(金萬徳)全話のあらすじ一覧

おすすめ韓国ドラマ一覧

 

RSS Feed Widget