キム・マンドク(金万徳) 第13話

更新日: 2016年10月 5日 03:06

第13話のあらすじ

容疑が晴れて意気揚々と東門問屋で、また働き始めたマンドク

元妓生で美人との噂が広まり、たちまち大繁盛し始めた東門問屋だったのです。

しかし妓楼で働いていた頃のお客が訪れ、騒ぎを起こしてしまったが故に問題となってしまいます。

スポンサーリンク


そのお客はユジが送り込んできた妓生で、家を取り仕切るようになったのでした。

これには東門問屋の人々は怒りを覚え、マンドクを追いだしたいと考えるようになったのです。

救世主ソレの特技とは・・・

そしてついにマンドクは、キム尚宮から問屋を追いだされてしまったのでした。

問屋を追い出され行き場を失くしたマンドクは、救疾幕で苦しいときに助けてくれた恩人ペク・ソレの元へ向かいます。

ソレは救疾幕にまだ居ましたが、マンドクが医官に薬草を渡しソレを出所させたのでした。

これを機にマンドクソレは一緒に暮らし始めます

マンドクは、献上品であるアワビの入札が行われていることを知り、これは商場になると考えました。

実はソレはかつて西門問屋で働き、どんな天候でも干しアワビを作れる名人だったのです。

一方、東門問屋の残り少ないアワビにカビが生え、慌てたムンソンソレを利用しようと考えました。

救疾幕に向かったムンソンでしたが、既にソレが救疾幕から出所していたので動揺します。

頼りのソレが行方不明に!!

その頃、済州の問屋らは何とかしてアワビを大量に手に入れようと血眼になって探していたのでした。

しかも普通のアワビでは評価されず、高級のアワビがほしかったのです。

そんな状況を冷静に判断したマンドクは、干しアワビを作る事を決意しました。

マンドクは、干しアワビを作ることに関しては天才的なソレと干しアワビを作り、東門に納品してアワビの入札に参加しようと思い立いたったのです。

しかし納品の前日、ソレが干しアワビと共に忽然と消えてしまいます・・・。

第13話の感想

やっと自分の生きる場所を見つけたマンドク、よりによってユジに邪魔をされるとは・・・。

失恋の恨みなのでしょうか?

東門問屋を出なくてはならなくなったマンドクですが、ソレの元に出向くなんて何て強運の持ち主なのでしょう。

しかしせっかく干しアワビで商売が始められると思っていたのに、今度は誰が邪魔をしたのか気になる所です。

- スポンサードリンク -

キム・マンドク(金萬徳)公式サイトなど関連情報

韓国ドラマ、『キム・マンドク(金萬徳)』
『キム・マンドク~美しき伝説の商人』。愛と運命に翻弄されても、強く生き、世の為に尽くした女の一代記。韓国歴史ドラマ『明成皇后』でヒロインを演じた名女優「イ・ミヨン」主演の感動歴史ドラマです。

公式サイト

キムマンドク?美しき伝説の商人

韓ドラ☆ キム・マンドク 美しき伝説の商人|BSジャパン

キム・マンドク(金萬徳)全話のあらすじ一覧

おすすめ韓国ドラマ一覧

 

RSS Feed Widget