キム・マンドク(金万徳) 第18話

更新日: 2016年10月20日 20:23

第18話のあらすじ

キム・マンドクと船頭たちが解決したおかげで、献上船の運営権を獲得することができたことに喜び沸く東門問屋たちでした。

が、そんな東門問屋を西門問屋の黒幕であるオ・ムンソンの次の悪魔のような策略が待ち構えています。

その頃、黒牛は売買が禁止されていたので、そこにムンソンは目を付けたのでした。

なんとユジに黒牛をこっそり積ませ、罠に嵌った東門問屋の船は漢陽でウンニョルの検閲を受ける事になったのです。

スポンサーリンク


献上船の中には宮廷でしか使うことのできない黒牛の革と肉が載っていたとして責任を取らされてしまい、東門問屋の大行首が捕らわれてしまいました。

剥奪された東門問屋の供物運営権

さらにタイミングが悪いことに追い討ちをかけるように、高利貸しのム・メンダルが船の代金を払えと、東門問屋に乗り込んできます。

キム・マンドクは、大行首に掛かった濡れ衣を晴らすために黒牛の飼育業者を訪ねて、ムンソンの証言の矛盾点を見つけ出しますが、そこへ東門問屋の大行首の訃報が届きました。

そして東門問屋は供物運営権が剥奪され、問屋で働いていた人々も分裂する事になります。

ついにはメンダルに借金を払えないのなら、東門問屋を引き渡すよう言われたマンドクは、絶対絶命に追い込まれますが、決して諦めようとはしなかったのでした。

ウンソンの恐ろしい企み

その頃ウンソンマンドクウンリョンが親子だと証明する書類を使って、ウンリョンが東門問屋のバックだと噂を流し調査を妨害していたのです。

しかも黒幕としてユジの名前があがり、激怒したマンドクユジの元へ向かいますが、お前がする事は全て邪魔すると宣言されたのでした。

第18話の感想

ムンソンどこまでマンドクを追いつめたら気が済むのでしょうか。

しかもムンソンの罠によって亡くなってしまった大行首、あまりにも悲惨すぎます。

ユジにしても濡れ衣を着せて相手を追いこす事しかできませんし。

しかしそんな事には負けず、いつも相手の立場にたって物ごとを考えれるマンドク、本当に誠実ですネ。

早く商売が軌道にのる事を願うのみです。

- スポンサードリンク -

キム・マンドク(金萬徳)公式サイトなど関連情報

韓国ドラマ、『キム・マンドク(金萬徳)』
『キム・マンドク~美しき伝説の商人』。愛と運命に翻弄されても、強く生き、世の為に尽くした女の一代記。韓国歴史ドラマ『明成皇后』でヒロインを演じた名女優「イ・ミヨン」主演の感動歴史ドラマです。

公式サイト

キムマンドク?美しき伝説の商人

韓ドラ☆ キム・マンドク 美しき伝説の商人|BSジャパン

キム・マンドク(金萬徳)全話のあらすじ一覧

おすすめ韓国ドラマ一覧

 

RSS Feed Widget