キム・マンドク(金万徳) 第20話

更新日: 2016年10月23日 07:27

第20話のあらすじ

何とか済州へ戻る事の出来た船員らでしたが、運賃未払いに激怒します。

そこでキム・マンドクは自ら借金を全て返済すると約束したのでした。

一度は停止になっていたところを、オ・ムンソンの指図で黒牛事件の調査が再開されます。

ユジは全ての真相解明を阻止するために飼育業者の口止めを図りました。

スポンサーリンク


刺されたキム師匠

ユジから帳簿のことで問い詰められたキム師匠は、帳簿の事実をネタにムンソンから証書を取り戻します。

不正な事実が記されている帳簿がなくなっていることに気づいたムンソンは、帳簿がキム師匠の手に渡ったと勘違いしていました。

そこで都合の悪いことすべてを知っているキム師匠を始末するために綿密な計画を練ります。

そしてついにオ番頭の手によって、キム師匠が刺されたのでした。

ムンソンの子どもを取り上げたキム・マンドク

一方ムンソンが産気づき何とマンドクが取り上げます。

その赤ちゃんが泣かないので師匠の所へつれて行きますが、そこで師匠が刺された事を知ったマンドク

師匠はマンドクムンソンに、商売とは何かを最期に語ったのでした。

ユジの口封じ命令

その後、師匠殺害に使われていたのが自分の刀だった事を知ったユジムンソンに詰め寄ります。

事実を認め不気味な笑顔を浮かべるムンソンを見て、思わず刀を振り上げたユジでしたが、赤ちゃんの泣き声で手が止まったのでした。

逆にムンソンはオ番頭に、真実が明らかになる前にユジの命を狙うよう命令したのです。

その頃、お葬式をするお金があるのなら、自分たちに賃金を払えと船員たちはマンドクに詰め寄っていました。

申し訳なく思ったマンドクは、5年以内に返済する事を約束するのです。

第20話の感想

ついに、この世を去ったキム師匠

マンドクが幼かったころからの親代わりのような存在だったので、マンドクは母を失ったように悲しかったと思います。

また、まだまだマンドクは師匠から学びたかった事もあったでしょう。

しかしこの事で商売を自分の生涯の目標としたので、これからますます強い女性となる事と思います。

それにしてムンソン、人の命を奪うなんて、産まれてきた子どもに恥ずかしくないのでしょうか?

- スポンサードリンク -

キム・マンドク(金萬徳)公式サイトなど関連情報

韓国ドラマ、『キム・マンドク(金萬徳)』
『キム・マンドク~美しき伝説の商人』。愛と運命に翻弄されても、強く生き、世の為に尽くした女の一代記。韓国歴史ドラマ『明成皇后』でヒロインを演じた名女優「イ・ミヨン」主演の感動歴史ドラマです。

公式サイト

キムマンドク?美しき伝説の商人

韓ドラ☆ キム・マンドク 美しき伝説の商人|BSジャパン

キム・マンドク(金萬徳)全話のあらすじ一覧

おすすめ韓国ドラマ一覧

 

RSS Feed Widget