キム・マンドク (金万徳)第22話

更新日: 2016年10月26日 11:43

第22話のあらすじ

東門問屋を離散へと追いやった、高利貸しであるム・メンダルへの返済期限が迫ります。

行商団に捕らわれてしまったトンアは、行商団の頭領になっていたユジに救われ、無事に通行手形を取り戻しました。

トンアはそのお礼として売れ残った白笠は安東で売れば良いとアドバイスし、そのお陰で見事に在庫の白笠は完売します。

そしてトンアは、国葬の後は黒笠が売れると考え済州島へと向かったのでした。

スポンサーリンク


東門問屋買い戻しに成功!!

今までの商人とは違い、きちんと利益を分けてくれるキム・マンドクの経営方針に労働者たちは忠誠を誓っていたのでした。

マンドクは国葬に向けて作成していた白笠で儲けた資金と、新たに始めた漆笠事業で大金を手にします。

そしてやっと東門問屋を買い戻すことに成功し、行商団と連携して販売網の強化を目指しました。

これでキム師匠の遺言を果たすことができたのです。

しかし将来に不安を感じるマンドク、それはいつも島の外部からやってくる商人を待つだけの商売だったからでした。

そんなマンドクの目は、既に済州内ではなく、他州へと向けられているのです。

ある日、馬の毛を買いに来た商団にマンドクはあるお願いをするのでした。

父親に立ち向かうホンス

その頃、都ではオ・ムンソン率いる絹店が市場を牛耳ることに成功し、闇商人を力ずくで排除しました。

混乱収拾にあたっている平市署の令チョン・ホンスは、ムンソンと癒着している父・チョン刑判と正面から対立します。

第22話の感想

白笠事業に成功したくらいから、マンドクの秀逸さが徐々に発揮されているようですね。

それに加え、経営者として一番に労働者の事を考えるマンドクに、人々はついてくるのでしょう。

キム師匠が言っていた本当の商売とは・・・、マンドクをみていると分かりますネ。

これからマンドクがどんな新事業を展開するか楽しみです。

それにしても、父親にまで立ち向かうホンス、男らしくカッコイイですネ。

- スポンサードリンク -

キム・マンドク(金萬徳)公式サイトなど関連情報

韓国ドラマ、『キム・マンドク(金萬徳)』
『キム・マンドク~美しき伝説の商人』。愛と運命に翻弄されても、強く生き、世の為に尽くした女の一代記。韓国歴史ドラマ『明成皇后』でヒロインを演じた名女優「イ・ミヨン」主演の感動歴史ドラマです。

公式サイト

キムマンドク?美しき伝説の商人

韓ドラ☆ キム・マンドク 美しき伝説の商人|BSジャパン

キム・マンドク(金萬徳)全話のあらすじ一覧

おすすめ韓国ドラマ一覧

 

RSS Feed Widget