キム・マンドク (金万徳)第24話

更新日: 2016年10月31日 13:43

第24話のあらすじ

今まで済州の供給物は西門が取り扱っていた為に、新しく赴任したホンスはこの特権を取り上げます。

不満を抱いたのがナグムとオ・ムンソンで、二人は改革の邪魔をしようと企んでいました。

一方行商団と連携することができ、キム・マンドクは済州の海産物を朝鮮全土で販売することができるようになります。

マンドクらが作る商品は全てにおいて好評でした。

魚を加工し販売

そんな時、主要な買い付け場所である済州が豊漁のために、魚の価格が暴落しているとの情報がもたらされます。

こんなこともあろうかとマンドクは早速、引退した海女を集めました。

そして、干物や塩辛などの日持ちのする商品を作ることで損失を未然に防ごうとします。

マンドクの名声は瞬く間に高まる一方、ムンソンは事業で失敗が続いたうえに供物の受付まで官に取り上げられてしまっていたのでした。

逮捕されたマンドク

一方、済州長官として赴任してきたホンスは早速済州の市場改革に着手します。

代行はあくまで代行であり、決定権があることではないということを知らしめるために、これまで西門が代行してきた献上品の徴収を役所に戻しました。

危機感を感じたムンソンとチェ係官の共謀により、マンドクは酒の密造の罪で捕らえられてしまいます。

禁酒令は済州島では暗黙の了解でしたが、理由としては正当だったのでした。

ホンスは禁酒令を公には出来ず、考えたあげく過去一年に教坊で酒宴を開催した者を捕えるよう命じたのです。

この中にはナグムや大勢の両班もいたのでした。

結局、ホンスがナムグに報復しマンドク無事に解放されたのです。

第24話の感想

新しく赴任してきたホンスがまず始めた供物受付を官が仕切る、かなり西門はダメージを受けたみたいですね。

それにしてもピンチをチャンスに変えれるマンドク、相変わらず頭が切れます。

解放されたマンドクを抱きしめたホンス、これからの二人が見逃せません。

スポンサーリンク


- スポンサードリンク -

キム・マンドク(金萬徳)公式サイトなど関連情報

韓国ドラマ、『キム・マンドク(金萬徳)』
『キム・マンドク~美しき伝説の商人』。愛と運命に翻弄されても、強く生き、世の為に尽くした女の一代記。韓国歴史ドラマ『明成皇后』でヒロインを演じた名女優「イ・ミヨン」主演の感動歴史ドラマです。

公式サイト

キムマンドク?美しき伝説の商人

韓ドラ☆ キム・マンドク 美しき伝説の商人|BSジャパン

キム・マンドク(金萬徳)全話のあらすじ一覧

おすすめ韓国ドラマ一覧

 

RSS Feed Widget