キム・マンドク (金万徳)第27話

更新日: 2016年11月 1日 10:52

第27話のあらすじ

ホンスは、西門の密輸現場で犯人らを現行犯で取り押さえますが、首謀者であるオ・ムンソンはミョヒャンの単独犯だと主張します。

ミョヒャンにはすぐに助けてやると言って、ムンソンは見事に裏切ったのでした。

そして、密輸の元である倭国の商人をも買収することで証拠を全て隠滅してしまいます。

ムンソンはすべての罪をミョヒャンにかぶせて、死人に口無しと言わんばかりに毒殺を謀りました。

すぐにキム・マンドクが解毒薬を飲ませ、何日か意識不明だったミョヒャンもやっと目を覚ましましたが、声を失っていたのです。

しかし、ミョヒャンは筆談でホンスに西門問屋の悪事を告発したのでした。

スポンサーリンク


知ってしまった父の悪事

その頃、偽済州産の真珠が対馬からの密輸品と判明したのを受け、朝廷では対馬との交易を増やすことで密輸を防ごうとしました。

その一方で、偽の済州産の質の悪い真珠を密輸し、市場を混乱に陥れた黒幕を追及せよとの王命が下されます。

ホンスはミョヒャンからその黒幕が自分の父チョン刑判と聞いて愕然としますが、それでも調査を始めたのでした。

王命によって追い詰められたチョン刑判は、ムンソンを始末するために済州へと向かいます。

大成功のマンドクと経営不振のムンソン

その頃マンドクは、対馬ではイモで飢えをしのいでいると知り、早速栽培法を学びました。

そしてお店を開くと瞬く間に繁盛し、大成功を収めます。

一方、ムンソンの西門問屋は偽の物の真珠の賠償により経営不振に陥り、船を売却する事になりますが、その相手と言うのが・・・。

第27話の感想

今までたくさんの悪事を働いてきたムンソン、ついに自分に返ってきましたね。

まさに因果応報です。

しかもムンソンを信じてついてきたミョヒャン、裏切られた上に命まで狙われるとは・・・可哀そうな気もします。

可哀そうと言えばホンス、自分の親が悪事を働いていたなんて信じたくありませんよね。

しかしホンスは、現実を受け止め前に進もうとしていますが、かなり辛そうです。

- スポンサードリンク -

キム・マンドク(金萬徳)公式サイトなど関連情報

韓国ドラマ、『キム・マンドク(金萬徳)』
『キム・マンドク~美しき伝説の商人』。愛と運命に翻弄されても、強く生き、世の為に尽くした女の一代記。韓国歴史ドラマ『明成皇后』でヒロインを演じた名女優「イ・ミヨン」主演の感動歴史ドラマです。

公式サイト

キムマンドク?美しき伝説の商人

韓ドラ☆ キム・マンドク 美しき伝説の商人|BSジャパン

キム・マンドク(金萬徳)全話のあらすじ一覧

おすすめ韓国ドラマ一覧

 

RSS Feed Widget