キム・マンドク(金万徳) 第29話

更新日: 2016年11月 3日 17:01

第29話のあらすじ

オ番頭の刀に刺されてしまったホンス。

ホンスとキム・マンドクはお互い幼い頃に呼び合っていたように、「ホン」「トリョニン」と呼び合います。

そして、ホンスは息絶えました。

スポンサーリンク


マンドクは抜け殻のようになってしまいますが、ウンリョルが悲しみに暮れるマンドクに話します。

「ホンスのためにも夢をかなえることが大事だ」と。

そしてホンスの為にも復職する事を誓ったウンリョルだったのです。

一度はマンドクを突き放したドウンでしたが、棺を乗せた船にマンドクを乗せてあげたのでした。

そして、息子を失うことで初めて己の罪に気づいたドウンは、すべてを王に告白して裁きをうけることを願い出ます。

全ての罪を被ったオ番頭

ムンソンはオ番頭を助けてほしいと、ナムグにお願いしますが断られてしまいます。

ドウンの自供により次々に逮捕者が続出、ナムグも横領問題が明るみにでて、罷免されてしまうのでした。

全ての元凶であるムンソンとオ番頭も過去の罪を問われますが、オ番頭がすべての罪を被り、罪を引き受けます。

オ番頭は、幼い頃優しくしてあげれなかったムンソンに、ここで借りを返したのです。

まるで、ムンソンの罪は全て自分の罪だといわんばかりに、鬼気迫ったものがありました。

そんな時、雑炊屋で雑用をしながら何とか元気に暮らしていると、ユジからマンドクに手紙が届いたのです。

しかしホンスの死を知らないユジは、手紙にお前にはホンスが付いているから安心だと書いていたのでした。

2年後のムンソンとマンドクは・・・

そして諸々の事件から2年後、まだまだ生き延びていたムンソンは非情な高利貸しとなって、済州に帰ってきて民を苦しめ続けていました。

一方マンドクは、願っていた商売の自由化が法律で通り、全て順調でした。

第29話の感想

マンドクウンリョルの懐で泣き崩れた時、やっとマンドクが素直になったような気がしました。

お互いホンスの死によって、歩み寄ったようですネ。

また、ホンスの死によって心を入れ替えたドウン、ホンスの為にも頑張ってほしいです。

それにしても、ムンソンは強運の持主ですネ。

いつ天罰が下るのでしょうか?

- スポンサードリンク -

キム・マンドク(金萬徳)公式サイトなど関連情報

韓国ドラマ、『キム・マンドク(金萬徳)』
『キム・マンドク~美しき伝説の商人』。愛と運命に翻弄されても、強く生き、世の為に尽くした女の一代記。韓国歴史ドラマ『明成皇后』でヒロインを演じた名女優「イ・ミヨン」主演の感動歴史ドラマです。

公式サイト

キムマンドク?美しき伝説の商人

韓ドラ☆ キム・マンドク 美しき伝説の商人|BSジャパン

キム・マンドク(金萬徳)全話のあらすじ一覧

おすすめ韓国ドラマ一覧

 

RSS Feed Widget